撮影会・写真展情報
予定なし
オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが My Album を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
アルバムトップ : 生き物 :  VARIOUS EROTICISMS

[<     53  54  55  56  57  58  59     >]

※作品をクリックすると、原寸でご覧になることができます
VARIOUS EROTICISMS

VARIOUS EROTICISMS   by VARIOUS EROTICISMS   高ヒット
作者:ace さん   【aceさんの作品をもっと見る!!
最終更新日:2007-8-14 6:54
ヒット数:1502  コメント数:0  投票数 26  投票する投票する   友人に知らせる友人に知らせる

VARIOUS EROTICISMS
フラミンゴのヒナは何故かピンク色ではなかった。
親子のフラミンゴが何やら不思議な行動をとっているのが目に付きました。親がくちばしの先からヒナの口の中に赤い液体を与えているのです。実はこれは、食道の奥のそ嚢(そのう)という器官でつくられるフラミンゴミルクと呼ばれるもの。フラミンゴはこの赤いミルクでヒナを育てているのです。成分は、ほ乳類のミルクとほとんど変わらないんですが、中に赤い色素が含まれているのが特徴。さらに驚いたことに、父親にもそ嚢があるのでオスでもミルクを与えることができるんです。
ミルクを飲み始めてから半年くらい経つと、ヒナはうっすらとピンク色になり、1年もたつと頭と脚以外は大人とほぼ同じ色になります。全体がピンク色になったら大人になった証拠で、約3年で全身ピンク色になるんです。
一方、子供を育てる親鳥は、色素をヒナに与えてしまうために、逆に段々白くなっていきます。ミルクを与える3ヶ月間は親鳥の色素は抜けてしまうのです。まさに、フラミンゴは身を削って子供を育てていたんですね。


ace さんのサイトへ

[<     53  54  55  56  57  58  59     >]


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   

 [もっと...]
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧




トラックバック
トラックバックURL
http://www.photositelinks.com/modules/tbAny/tb.php/2250
検索
新着コメント
週間人気ランキング
    投稿数ランキング
    週間投票ランキング