ホーム  >  News  >  カメラ・写真ニュース  >  レンズ  >  シグマ、手ブレ補正機構を搭載する「APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM」の発売時期と価格を発表
レンズ > シグマ、手ブレ補正機構を搭載する「APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM」の発売時期と価格を発表
投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-14 16:37:10 [ 閲覧数 : 2744   コメント数 : 0コメント ]

APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM【シグマ】
シグマは、手ブレ補正機構を搭載する望遠ズームレンズ「APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM」の発売日と価格を発表しました。

シグマ、キヤノン用の発売予定日は2008年4月下旬。なお、ニコン、ペンタックス、ソニー用については、現時点では発売日未定。税別の価格は、104,700円です。

APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM は、シャッター速度約 4段分の補正効果があるという手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載する望遠ズームレンズで、現地時間の1月31日から米国ラスベガスで開催された「PMA2008」に出品されていました。

フォーカシングによる収差変動の少ないリアフォーカス方式を採用。また、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを 3枚使用使用し、色収差を良好に補正。

これに加えて、スーパーマルチレイヤーコートにより、フレア・ゴーストの発生を軽減し、ズーム全域で優れた描写性能を発揮するとしています。

別売の「APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG」との組み合わせで 168-560mm F6.3-8 の MF超望遠ズームとして、「APO TELE CONVERTER 2x EX DG」では、240-800mm F9-11 の MF超望遠ズームレンズとして利用することもできます。

レンズ構成は 5群21枚。絞り羽根枚数は 9枚で、広角端の最小絞りはF22。最短撮影距離は 150cmで、最大倍率は 1:4.2。フィルターサイズは、77mm。サイズは、最大径 92.5mm×全長 203.5mmで、重量は 1,750g。

製品には、ケース、丸形フード、ショルダーストラップ、三脚座が付属。

なお、ペンタックスとソニー用は手ブレ補正機構は非搭載。また、ペンタックスの超音波モーター非対応機種に装着した場合は、オートフォーカスは働きません。

関連リンク ニュースリリース



印刷用ページ このニュースを友達に送る


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   

 [もっと...]
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧


トラックバック
トラックバックURL
http://www.photositelinks.com/modules/tbAny/tb.php/3896
検索
発売予定等一覧
前月2019年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
発売予定等 発売予定等  
1週間内の発売予定等
予定なし
最近のトラックバック
https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dieta... 
by Https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dietary-supplement-work/
https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dieta... 
by Https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dietary-supplement-work/