キヤノン、「EOS-1D Mark III」など4製品がTIPA Awards 2007」を受賞

投稿日時 2007-05-01 16:20:53 | カテゴリ: その他

【キヤノン】
キヤノンは、同社のデジタルカメラなど4製品が、「TIPA Awards 2007」の部門賞を受賞したと発表しました。

「TIPA(Technical Image Press Association)」は、欧州の主要なカメラ・ビデオ専門誌31誌の編集者で構成され、年1回投票により、写真・映像関連製品の年間最優秀製品を選定しています。

受賞したのは、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」、超広角ズームレンズ「EF 16-35mm F2.8 L II USM」、コンパクトフォトプリンター「SELPHY ES1」、インクジェット複合機「PIXMA MP810」(国内名称「PIXUS MP810」)の4製品です。

「EOS-1D Mark III」は、ベストプロフェッショナルデジタル一眼レフカメラ賞を受賞しました。

約1010万画素の高画素で、約10コマ/秒の高速連写を実現したこと。 また、19点クロス+アシスト26点の新エリアAF、防塵・防滴ボディ、総合的なセンサーダスト対策、ライブビュー機能、充実のカスタムファンクションなど先進の機能を数多く備えていることなどが評価されての受賞です。

「EF 16-35mm F2.8 L II USM」は、ベストプロフェッショナルレンズ賞を受賞。

高いコントラストと優れた解像力を備えたズームレンズであること。3種類の高精度非球面レンズや2枚のUDレンズを採用した新規光学設計により、すべてのズーム領域において高画質化を達成したことが主な受賞理由です。

「SELPHY ES1」は、ベストスモールフォーマットフォトプリンター賞を受賞。

新開発のインク・用紙一体型カートリッジ「Easy Photo Pack」を採用し、セッティングや交換の煩わしさを大幅に軽減させたこと。 カートリッジを本体に内蔵することで、ほこりの付着を防ぎ失敗プリントを低減していることなどが主な受賞理由です。

「PIXMA MP810」は、ベストマルチファンクションフォトプリンター賞を受賞。

最高解像度9,600×2,400dpiの高画質と、4×6インチサイズのフチなし写真を約21秒で印刷する高速出力を両立しながら、プリンター、コピー、スキャナーの高機能を1台にまとめ上げたことなどを評価されての受賞です。

   
※写真左側がSELPHY ES1、右側がPIXMA MP810

関連リンク ニュースリリース




Photo Site Linksにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.photositelinks.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.photositelinks.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=407