ホーム  >  News  >  カメラ・写真ニュース  >  デジタルカメラ
投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-29 18:15:28 [ 閲覧数 : 7213   コメント数 : 1 ]

GR DIGITAL II【リコー】
リコーは、「GR DIGITAL II」用の機能拡張ファームウェア V2.00 のダウンロードサービスを一時停止しました。

推奨外部フラッシュ(シグマ製)を装着して連続撮影をした場合、不具合が生じることが判明したため、ダウンロードサービスを一時停止したとしています。

GR DIGITAL II 用ファームウェア V2.00 は、ユーザー登録時のアンケート情報などを通じてユーザーから寄せられた意見・要望に応え、機能拡張ファームウェア第一弾として、3月27日から無償ダウンロードサービスが開始されていました。

なお、リコーのサイトでは、現時点での最新ファームウェアとして V1.12 をダウンロードすることができます。

ファームウェアを V2.00 から V1.12 に戻したい場合は、「ダウンロードページ」でダウンロードのうえ、更新作業をしてください。

関連リンク GR DIGITAL II 用機能拡張ファームウェア V2.00 告知ページ


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-28 15:45:58 [ 閲覧数 : 6429   コメント数 : 0コメント ]

IXY DIGITAL 820 IS【キヤノン】
キヤノンは、当初2008年4月上旬発売と発表していたデジタルカメラ「IXY DIGITAL 820 IS」を4月3日に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 1,000万画素の 1/2.3型 CCD と 35mm換算 37〜185mm の光学 5倍ズームレンズを搭載し、現行機種「IXY DIGITAL 810 IS」の後継モデルとして発売。

シャッター速度換算 4段分の補正効果を実現したという光学手ブレ補正機構(IS)を搭載し、最短撮影距離は 50cm。マクロモードでは、広角端で 2cmまでの近接撮影が可能です。

最大 35人までの顔を検出可能な顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」を備え、検出した顔に合わせて、ピント、露出、フラッシュ調光に加えて、ホワイトバランスについても最適な設定で撮影が可能。

IXY DIGITAL 820 IS複数の人物の中で、狙いたい顔だけを選択することができる「顔セレクト」を搭載する他、撮影後の「顔トリミング」や「赤目自動補正」などを利用することができます。

映像エンジンには DIGICIII を採用し、最高感度は ISO1600。一部のシーンモードでは、200万画素相当で ISO3200 の高感度撮影も可能。また、被写体の動きを検知して、シーンに合った感度を自動的に設定する「モーションキャッチテクノロジー」を備えています。

ローブ(外衣)をイメージしたという連続曲面のボディデザインを採用し、背面には IXYシリーズとしては初めて、「コントローラーホイール」を備え、撮影モードやパラメータ、再生画像などの切り替えが可能です。

液晶モニターは、2.5型約 23万ドットの「クリアライブ液晶II」で、従来のクリアライブ液晶に比べ、高コントラストで斜めからの視認性が向上。

記録媒体は、SDHC/SDメモリーカード、MMC、MMC plus、HC MMC plus に対応。電源はリチウムイオン充電池「NB-5L」を使用し、約 320枚の撮影が可能。

サイズは、幅 95.4×高さ 57.3×奥行き 27.4mmで、本体のみの重量は約 155gです。

関連リンク 「IXY DIGITAL 820 IS」製品情報


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-28 15:40:03 [ 閲覧数 : 7423   コメント数 : 0コメント ]

IXY DIGITAL 95 IS【キヤノン】
キヤノンは、当初2008年4月上旬発売と発表していたデジタルカメラ「IXY DIGITAL 95 IS」と「IXY DIGITAL 25 IS」(ブラック)を、4月3日に発売します。価格は、オープンプライスです。

なお、IXY DIGITAL 25 IS (シルバー)とウォータープルーフケースの「WP-DC23」については、「生産上の都合により」、発売日を5月中旬に延期するとしています。

IXY DIGITAL 95 IS と IXY DIGITAL 25 IS は、ともに有効画素数 1,000万画素の 1/2.3型 CCD と 35mm換算 35〜105mm F2.8〜4.9の光学 3倍ズームレンズを搭載。

IXY DIGITAL 95 IS最短撮影距離は 30cmで、マクロモード時には広角端で 3cmまでの近接撮影が可能。

両機種とも、光学式手ブレ補正機構(IS)、被写体の動きを検知しシーンに合った感度を自動的に設定することで被写体ブレを抑える「モーションキャッチテクノロジー」、最大 35人までの顔を検出可能な顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」などの機能を搭載。

顔認識機能では、画面内の複数の人物の中で狙いたい顔だけを選んでピントを合わせることができる「顔セレクト」、撮影後の機能として、顔を中心にトリミングできる「顔トリミング」や「赤目自動補正」などの機能を利用することができます。

IXY DIGITAL 25 ISIXY DIGITAL 95 IS は 3型 23万ドットの液晶モニターを備え、IXY DIGITAL 25 IS の液晶モニターは 2.5型 23万ドット。新たに「クリアライブ液晶II」を採用し、従来のクリアライブ液晶に比べて高コントラストで、斜めからの視認性も向上。

映像エンジンは DIGICIII を採用し、フル画素での最高感度は ISO1600。一部のシーンモードでは 200万画素相当で ISO3200 での高感度撮影も可能です。

記録媒体は、SDHC/SDメモリーカード、MMC、MMC plus、HC MMC plus に対応。

IXY DIGITAL 95 IS は、電源としてリチウムイオン充電池「NB-5L」を利用し、約 330枚の撮影が可能。IXY DIGITAL 25 IS は、リチウムイオン電池「NB-6L」を利用し、約 300枚の撮影が可能。

IXY DIGITAL 95 IS のサイズは、幅 91.6×高さ 56.8×奥行き 20.9mmで、本体のみの重量は約 155g。IXY DIGITAL 25 IS は、幅 86.0×高さ 54.0×奥行き 20.4mmで、本体のみの重量は約 130g。

IXY DIGITAL 25 IS は、IXY DIGITAL の光学式手ブレ補正(IS)搭載モデルとしては最薄を実現しています。

関連リンク IXY DIGITAL 25 IS (シルバー)とオプション品発売日延期に関するお詫び


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-19 17:15:00 [ 閲覧数 : 2540   コメント数 : 0コメント ]

LUMIX DMC-FX500【松下電器産業】
松下電器産業は、世界初の タッチ動体追尾AF/AE を搭載するデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX500」を2008年4月12日に発売します。価格は、オープンプライスです。

3.0型 23万ドットのタッチパネル液晶モニターを搭載し、このタッチパネル上で指定した被写体が動いても、自動でピントと露出を合わせ続けることができます。

また、「おまかせiA」モード時には、タッチパネルで指定した被写体の状況に合わせたシーンを自動で判別し、最適な設定で撮影が可能。

LUMIX DMC-FX500複数の人物の中から狙った顔だけを選択したり、マクロ撮影や風景などでも、簡単で直感的に撮影することができます。

レンズは、35mm換算 25〜125mm F2.8〜5.9の光学 5倍ズームレンズ「LEICA DC VARIO-ELMARIT」で、光学式手ブレ補正機構を内蔵。

最短撮影距離は、広角端で 50cm、望遠端で 100cm。マクロモード時には、広角端で 5cmまでの近接撮影が可能です。

露出モードでは、同社の FXシリーズとしては初めて、絞り優先AE、シャッター優先AE、マニュアル露出機能を搭載。液晶モニター上に表示される 2種類のバーをタッチ操作することで、絞り・シャッター速度の変更、露出補正が可能。

さらに、タッチパネルを活用した再生機能を備え、本体にプリセットされている効果/音楽をパネル上で自由に組み合わせて再生できる「音楽付きスライドショー」などを利用することができます。

撮像素子は有効画素数 1,010万画素の 1/2.33型 CCD。絵像処理エンジンには、「ヴィーナスエンジンIV」を採用。感度はISO100〜1600で、高感度モード時には ISO6400 の高感度撮影が可能。

その他、HD解像度(1,280×720画素)で 30fpsの動画撮影機能などを備え、別売の D端子接続用コンポーネントケーブルを併用して、ハイビジョンテレビに接続し、高画質動画・静止画を楽しむこともできます。

記録媒体は SDHC/SDメモリーカード、MMC(静止画のみ)に対応する他、約 50MBの内蔵メモリーを搭載。電源は、リチウムイオン充電池を使用し、約 280枚の撮影が可能。

サイズは、幅 94.9×高さ 57.1×奥行き 22.9mmで、本体のみの重量は約 155g。

本体色は、ストーンシルバーとギャラシーブラックの 2色が用意されています。

関連リンク ニュースリリース


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-03-19 17:10:37 [ 閲覧数 : 2364   コメント数 : 0コメント ]

LUMIX DMC-FS20【松下電器産業】
松下電器産業は、3.0型液晶モニターを搭載する有効 1,010万画素のデジタルカメラ「LUMIX DMC-FS20」を2008年4月12日に発売します。価格は、オープンプライスです。

現行機種「LUMIX DMC-FS3」(2008年2月発売)の後継モデルとして発売される製品で、35mm 換算 30〜120mm F3.3〜5.8 の光学 4倍ズームレンズ「LEICA DC VARIO-ELMAR」を搭載。

最短撮影距離は 50cm。マクロモード時には広角端で 5cm、望遠端で 50cmまでの近接撮影が可能です。

LUMIX DMC-FS20有効画素数 1,010万画素の 1/2.33型 CCD と光学 4倍ズームレンズを搭載しながら、薄さ 22.9mmを実現。

レンズ部には光学手ブレ補正機構を備える他、300万画素以下で最大 7.1倍まで解像度劣化のないズームが可能な EX光学ズームも利用可能。

画像処理エンジンには、「ヴィーナスエンジンIV」を採用し、2次元 DNR や新開発ノイズリダクション回路などにより、解像感を保ちながら、ノイズを低減したとしています。

その他、撮影状況に合わせて 5つのシーンを自動的に判別する「おまかせ iA」、最大 15人まで検出可能な「顔認識 AF/AE」などの機能を搭載。

液晶モニターは 3.0型 23万ドットで、周囲の明るさに合わせて輝度を自動的に調節する「オートパワー LCD」を備えています。感度は ISO100〜1600で、高感度モード時には ISO6400 での高感度撮影にも対応。

記録媒体は、SDHC/SDメモリーカード、MMC(静止画のみ)に対応する他、約 50MB の内蔵メモリーを搭載。電源はリチウムイオン充電池を使用し、約 280枚の撮影が可能。

サイズは幅 94.9×高さ 57.1×奥行き 22.9mmで、本体のみの重量は約 132gです。

関連リンク ニュースリリース


トラックバック
トラックバックURL
http://www.photositelinks.com/modules/tbAny/tb.php/5
検索
発売予定等一覧
前月2017年 3月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
発売予定等 発売予定等  
1週間内の発売予定等
予定なし