ホーム  >  News  >  カメラ・写真ニュース  >  デジタルカメラ
投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-02-22 14:26:18 [ 閲覧数 : 877   コメント数 : 0コメント ]

K20D【ペンタックス】
ペンタックスは、当初2008年3月上旬発売と発表していたデジタル一眼レフカメラ「K20D」を3月7日に発売します。価格は、オープンプライスです。

2006年11月に発売された「K10D」の後継機種と発売されるモデルで、K10D は有効画素数 1,020万画素 CCD を搭載していましたが、今回発売される K20D は約 1,460万画素の APS-Cサイズの CMOSセンサーを搭載。

K20D画素周辺の回路面積を抑えることで受光部の面積を確保し、従来に比べ奥行きで約 60%という薄型設計を実現。また、斜めからの入射光をより正確に受光できるようになったとしています。

CMOS 内部での感度アップにより、ノイズの発生を低減し、カスタム設定時に最高 ISO6400 の高感度撮影を実現。なお、通常撮影時の感度は、ISO100〜3200 です。

また、ペンタックスとしては初めて、ライブビュー機能を搭載。ライブビュー中には、位相差 AF を利用することができる他、手ぶれ補正機構の作動を確認しながら撮影することも可能です。

K20D液晶モニターは 2.7型23万画素で、視野角は上下左右 160度。ライブビュー撮影時に、グリッド表示や拡大表示なども可能です。

K10D と同様に、CCDシフト式手ブレ補正機構「SR」と、この「SR」を利用してローパスフィルターに付着したゴミを除去する機能「DR」(Dust Removal)を搭載。

手ぶれ補正効果は、シャッタースピード換算約 2.5〜 4段分で、撮像素子部の軽量化や制御アルゴリズムの改良などで、より高い安定性を実現したとしています。

DR では、ゴミの付着状況を事前に確認することができる「ダストアラート」機能を新たに搭載しています。

また、「ダイナミックレンジ拡大機能」を新たに搭載し、ダイナミックレンジを 1EV拡大することで、コントラストを保ったまま、画像の白とびを抑える効果があります。

連写機能は、K10D と同様に、最高約3コマ/秒。新たに搭載された「高速連写」を利用することで約 21コマ/秒の連写も可能。ただし、「高速連写」設定時には、記録画素数が 160万画素に固定されます。

ファインダー部や AFセンサーなどの仕様は K10D を継承。ガラスプリズムファインダーを搭載し、視野率は約 95%、倍率は約 0.95倍。測距点 11点、中央部 9点はクロスタイプの AFセンサー SAFOX VIII を搭載しています。

ボディは、74か所にシーリングを施した防塵・防滴構造を採用し、シャッター機構は約 10万回の作動をクリア。また、Xシンクロ接点を新たに搭載。

露出モードは、K10Dと同様に、ハイパーマニュアル、 感度優先(Sv)、シャッター速度&絞り優先(TAv)などを利用可能。また、6種類のカスタムイメージ機能を搭載し、各イメージの色相、彩度、コントラスト、シャープネスなどを微調整して、好みの設定で撮影することができます。

電源は、リチウムイオン充電池の「D-LI50」を使用し、約 530枚の撮影が可能。別売のバッテリーグリップ「D-BG2」を利用することもできます。記録媒体は、SDHC/SDメモリーカードに対応。

サイズは、幅 141.5×高さ 101×奥行き 70mmで、本体のみの重量は約 715gです。

関連リンク 「K20D」製品情報


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-02-21 16:43:02 [ 閲覧数 : 1158   コメント数 : 0コメント ]

EX-Z200【カシオ】
カシオは、撮影シーンを自動で判別するデジタルカメラ「EX-Z200」と「EX-Z100」を発売します。価格は、ともにオープンプライスです。

発売日は、ボディカラー別に異なり、EX-Z200 のシルバーが3月14日に発売、ゴールド、ブラック、レッドが3月21日に発売。

EX-Z100 は、シルバー、ゴールド、ブラウンが3月7日に発売、ブルーとピンクが3月14日に発売されます。

EX-Z200両機種とも、有効画素数 1,010万画素の 1/2.3型 CCD と 35mm換算 28〜112mm F2.8〜5.8 の光学 4倍ズームレンズを搭載。

EX-Z200 のみ、CCDシフト方式の手ブレ補正機構を備え、その他の仕様はほぼ共通。

6種類(人物・風景・夜景・夜景と人物・接写・動く被写体)のシーンを自動で判別し、最適な撮影モードを選択する「オートベストショット」を新たに搭載。

また、顔を検出するだけでなく、登録した顔を優先してピントや明るさを合わせる顔認識を搭載する他、笑顔の瞬間やブレが止まった瞬間などを自動で撮影する「オートシャッター」を備えています。

最短撮影距離は、広角端で約 40cm。マクロモードでは、広角端で約 15〜50cmの近接撮影が可能。

感度は、ISO50〜1600。2.7型約 23万ドットのワイド液晶モニターを搭載。

EX-Z100その他、ワイドサイズで楽しめる H.264方式の動画撮影機能、アンチシェイクDSP、画像サイズ 1,600×1,200固定で最大 4コマ/秒の高速連写などの機能を搭載。

記録媒体は、SDHC/SDメモリーカード、MMC、MMCplusに対応。また、EX-Z200は容量 11.7MB、EX-Z100 は容量 12.1MB の内蔵メモリーを備えています。

電源は、リチウムイオン充電池「NP-40」を使用し、約 400枚の撮影が可能。

EX-Z200 のサイズは、幅 93.0×高さ 55,0× 22.7mmで、本体のみの重量は約 119g。EX-Z100 のサイズは、幅 93.0×高さ 55,0× 21.2mmで、本体のみの重量は約 111gです。

関連リンク ニュースリリース


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-02-19 17:52:48 [ 閲覧数 : 1107   コメント数 : 0コメント ]

R8【リコー】
リコーは、28mmからの光学 7.1倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ「R8」を2008年3月7日に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 1,000万画素の 1/2.3型 CCD と 35mm換算 28〜200mm F3.3〜5.2 の光学 7.1倍ズームレンズを搭載するモデルで、「Caplio R7」(2007年9月発売)の後継機種として発売。

「GR DIGITAL II」や「Caplio GX100」で採用されている 1:1 の正方形フォーマットでの撮影機能を搭載するなど、撮影機能を強化。

また、「毎日使いたくなる道具」をコンセプトにデザインを一新し、機能としての美しさにこだわり、スタイリングだけでなく、堅牢感や品質感などにも細かい配慮をしたとしています。

R8アルミ製のボディを採用し、金属感やソリッド感を強調したトップカバーやスピン加工したモードダイヤルボタンなどにより堅牢感と質感を向上させ、Caplio R7 には無かった手になじみやすいグリップを備え、使い勝手の良さも実現。また、グリップには 2点吊り対応のストラップ通しを備え、携帯性も向上。

最短撮影距離は、広角端で約 30cm、望遠端で約 1.0m。マクロモードでは、広角端で約 1cm、望遠端で約 25cmまでの近接撮影が可能。

液晶モニターは、2.7型約 46万ドットで、R7 の 23万ドットに比べ高精細化し、再生時に 20分割のサムネイル表示が可能。

また、これまでの十字キーの機能を、ADJ.ボタンに統合することで、より簡単にメニュー操作が可能に。

最小絞り固定を ON にすることで、被写界深度の深い撮影を可能にする「最小絞り固定機能」を新たに搭載。

これまでマクロ撮影時にのみ利用できた AFターゲット移動機能が、通常撮影でも利用でき、さらに AEとも連動し、AF と AE の両方、またはいずれかのターゲットを移動することが可能です。

また、R7 ではメニュー設定だったズーム速度は、レバー操作で 2段階に切り替えが可能。

撮影後に、画像の明度やコントラストを補正するレベル補正と、画像の色調を補正するホワイトバランス補正が可能で、トリミング機能も搭載。レベル補正では、オート補正とヒストグラムを確認しながら補正可能なマニュアル補正を備えています。

その他、CCDシフト方式手ブレ補正機構、被写体の顔を自動的に認識するフェイスモードなどの機能を搭載。

感度は ISO64〜1600。画像処理エンジンには「スムースイメージングエンジンIII」を採用。

記録媒体は、約 24MB の内蔵メモリーを搭載する他、SD/SDHCメモリーカード、MMC に対応。電源は、リチウムイオン充電池「DB0-70」を使用し、約 270枚の使用が可能。

サイズは、幅 102.0mm×高さ 58.3mm×奥行き 26.1mmで、本体のみの重量は約 168gです。

関連リンク ニュースリリース


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-02-19 17:49:39 [ 閲覧数 : 731   コメント数 : 0コメント ]

R50【リコー】
リコーは、コンパクトなボディに光学 5倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ「R50」を2008年3月7日に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 1,000万画素の 1/2.3型 CCD と 35mm換算 35〜180mm F3.5〜5.6の光学 5倍ズームレンズを搭載。

サイズは、幅 97.3×高さ 56.3×奥行き 23.4mm、本体のみの重量は約116g。光学 5倍ズームレンズを搭載しながら、最薄部22.4mm のコンパクトなボディを実現しています。

最短撮影距離は、広角端で約 40cm、望遠端で約 90cm。マクロモード時には、広角端で約 10cm、望遠端で約 60cmまでの近接撮影が可能。

動きの速い被写体の一瞬を捉えるスポーツシーン、人物の肌を美しく撮影するコスメシーン、設定を変えながら 4枚の画像を連続撮影できるベストショットシーン、顔検出機能を利用したポートレートシーンなどを含む 15種類のシーン機能を搭載。

また、撮影後の手ブレ補正やコントラスト補正などの機能を搭載。

感度は、ISO50〜3200。液晶モニターは、液晶モニターは 2.5型約 23万ドット。

記録媒体は、約 52MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとMMCに対応。電源は、リチウムイオン充電池「DB-80」を使用し、約 220枚の撮影が可能です。

 本体サイズは97.3×23.4(最薄部22.4)×56.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約116g(本体のみ)。

関連リンク ニュースリリース


投稿者 : Photo Site Links 投稿日時 : 2008-02-18 16:49:48 [ 閲覧数 : 1148   コメント数 : 0コメント ]

DSC-W120【ソニー】
ソニーは、新スマイルシャッター機能を搭載するデジタルカメラ「サイバーショット DSC-W120」を2008年3月7日に発売します。価格はオープンプライスですが、市場推定価格は 28,000円前後です。

有効画素数 720万画素の 1/2.5型 CCD と 35mm換算 32-128mm F2.8-5.8 の光学 4倍ズームレンズ「カール ツァイス バリオ・テッサー」」を搭載し、現行モデル「DSC-W80」(2007年4月発売)の後継機として発売。

同時に発表された DSC-T300 と同様に、子供と大人を自動判別する顔検出機能を搭載しています。

DSC-W120また、Wシリーズとしては初めて、「スマイルシャッター」機能を搭載し、このスマイルシャッターでも、子供の笑顔を優先する「こども優先」と、大人の笑顔を優先する「おとな優先」の設定が可能です。

レンズ部は光学式手ブレ補正機構を搭載し、最短撮影距離は、広角端で約 4cm、望遠端で約 50cm。被写体にカメラを近づけるだけで、自動的にマクロモードで撮影できる「オートマクロ」を備えています。

また、「かんたん撮影モード(EASY)」を搭載し、このモード設定時には、液晶画面の表示が大きく見やすくなる他、画像サイズ、フラッシュ、セルフタイマーだけを設定できるシンプルな操作モードになります。

「音楽つきスライドショー」で本体に保存できのが従来の 4曲から 8曲に倍増した他、1曲あたりの最長再生時間も 3分から 5分へと進化。

また、従来の 16:9モードは 200万画素に限定されていましたが、500万画素での撮影が可能となり、ハイビジョンテレビでの鑑賞に加え、より高画質でのプリントアウトが可能になっています。

画像処理エンジンとして、「BIONZ」を採用。感度は、ISO100〜3200。液晶モニターは、2.5型 11.5万ドット。

記録媒体は、約 15MBの内蔵メモリーを搭載する他、メモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HG デュオに対応。

電源は、リチウムイオン充電池「NP-BG1」を使用し、約 350枚の撮影が可能。サイズは、幅 88.2×高さ 57.2×奥行き 22.9mmで、本体のみの重量は約 123g。

本体色は、ブラック、シルバー、ブルー、ピンクの 4色を用意。

別売のオプションとして、水深 30cmまで防水対応のウォータープルーフケース「APK-WA」(5,250円)、テレコンバージョンレンズ「VCL-D2046」(9,450円)、ワイドコンバージョンレンズ「VCL-D0746」(8,400円)などが用意されています。

関連リンク ニュースリリース


トラックバック
トラックバックURL
http://www.photositelinks.com/modules/tbAny/tb.php/5
検索
発売予定等一覧
前月2019年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
発売予定等 発売予定等  
1週間内の発売予定等
予定なし
最近のトラックバック
https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dieta... 
by Https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dietary-supplement-work/
https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dieta... 
by Https://healthtipsblogweb.wordpress.com/2017/05/17/garcinia-cambogia-plus-review-does-this-dietary-supplement-work/